フィーリングアップを目指して♪

前々から気になている高燃費と、排気口がススっぽくて少し濃いんじゃね!?
というのがあったので変わるかな?と・・・
そんな訳でAutotune買ってみました。

P4210473.jpg
小ぶりなこんな箱に入ってきます。

コレで普段の街乗り、ツーリングで燃費良くなるかも!?
ガソリン高騰でお財布にも痛いし。。。

燃費だけの為に買った訳でもないですけどね(笑)


検索かけるとPowercommanderについては色々ヒットするとは思います。
初期設定とか取り付けは詳しく説明されている方多いのでこの辺はいいのかな?と思いますが・・・

購入したのはAT-200の標準タイプ。
本当は前後のシリンダーでマップを作るのが理想だと思いますが
RSV用のPCVではAT-200しか使用できないようです(日本正規店の回答)
2個付け?AT-100を使う?もイケる様な話もあるみたいですが・・・未確認。

P4210476.jpg
O2センサーの比較。
左が純正、右がAutotuneです。
RSVの場合はネジピッチが一緒なので純正センサーを外せばそのまま取り付けできます。
スレッドコンパウンドは絶対ですね。

説明書に「O2センサーのテスト」みたいなのが載っていたので自分はそれを実施しました。
配線を全て終えた後にイグニッションONして1分ほど待つ。
       ↓
Autotune本体にあるスイッチを3秒間押し続ける。
これでOKみたいです。ランプが点滅して消えたら完了。
点滅回数を数え、説明書のグラフ内にあるかチェック。

P4210496.jpg

配線は純正と同じ場所を通すのが安全だと思うので同じルートで通しました。
ただ、カプラーの位置がこの辺に来てしまうのと、サイズが大きいので多少工夫は必要です。
純正マスターシリンダーの所に付いていた板に穴を開けてタイラップで固定しました。

純正O2センサーの処理について
 単純にカプラーから外した状態にしてしまうとチェックランプとEFIランプが点灯してしまいます。
 Map2へ切り替えた場合はO2センサーが機能しなくなるのは正しい様ですが
 完全に外した状態にするには何か条件が必要なようです。
 自分も調べてみますが、知っている方居ましたら教えてくださいm(_ _)m


P4210490.jpg
取り付けに当たっては配線を、繋ぐ所に繋ぐといった感じ。
ダミーカプラーは忘れずに!ココにもう一個繋いでも動かないのだろうか???
本体同士を繋ぐコネクターは短いので自然と本体はPCVの近くになります(写真の一番手前)

+の配線と-の配線処理が必要になりますが
+はETCを配線した部分から分岐で、-はバッテリーまで持って行きました。
配線がかなり長く余裕があるので取り回しにはかなり自由度があると思います。
-側はシートカウルをぐるっと回る感じでバッテリーまで引きました。
配線に無理が無い、邪魔にならないのは?となるとこうなった。

P4210499.jpg

流石にゴチャゴチャしてきたシートカウル内。。。
今回ギアポジション毎のマップを使えるように、スピードセンサーからの配線も繋ぎました。
マップの切り替えスイッチはAutotuneのOn/Offに使うようです。

取り付けは以上で終了!


P4220505.jpg
早速PCと繋いで~確認。
Cylinderが1と2に分かれているのは特に意味は無いです。

TargetAFRに自分の目指す空燃費を入力し、走る
   ↓
Trimに修正値が自動で製作される
   ↓
その値をFuelマップに反映させる

という流れでセッティングを出していくようです。


ココで初めて知った・・・アイドリング時の空燃費12.1だよ。。。(汗)
そりゃ~燃費悪いよね

バッフル付いているのがいけないのか、マフラーがEvo6じゃないからなのか。
それともこの空燃費がRSVにはいいのか???


先ずはバッフル付けた状態での燃費&フィーリングアップを目指します!(セッティング編へ続く?)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目

Author:三代目
MY09 RSV1000RアイスホワイトからRSV4RF MY18に乗り換えました。
バイク馬鹿です。
たまに行くサーキットを楽しんでいます♪

趣味はアルミ工作。

コメントメントいただけると大変嬉しいです!

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム