Autotuneを使ってみよう!

まだまだセッティングだ!と言えるほど使い方わかっていません。。。
とりあえず、やらなきゃわからんのでやってみた~!ってノリです。

説明書には

・スロットル0%のAFRに数値を入れるのは推薦しない。
・巡航はスロットル5~20%である。AFRは14.7より薄くしない。
・巡航時に最良の燃費を発揮するのは13.7~14。
・12.8~13.4が全域でベスト。
・O2センサーは濡らさない。

そんな感じの事が書いてあるようです。
コレを参考に、先ずは街乗りツーング用の低燃費化対策!

でも、何で0パーセントに数字入れてはイケ無いんでしょ?
やって見なければわからない!って事でやてみた!(笑)
P4220506.jpg

14.3より薄くするとアイドリングがやや不安定になるので、14.2にして見ました。
普通にアイドリングします。
この数値だと全体的に薄過ぎな気もしますが・・・まあ、燃費優先なので。

P4220509.jpg
このまま少し走ってみると、Trimテーブルがこんな風になりました。
*自分は初回はリッチ側もリーン側も上限を25%にしています。
 範囲を狭くすればAFRに大きくずれた数値入れても安全だよって事らしい。
 徐々に上限・下限を狭めていきセッティングを詰めていくようです。

で、この出来上がったTrimテーブルの数値を
Map Tools → Auto Tune Tables → Accept All Trims
でFuelマップに反映されます。
これを繰り返して基礎マップを作っていくって事だと思います。

「0%に数値入れても大丈夫じゃん!」なんて思っていましたが・・・
何回か走るとアイドリングしなくなりました・・・アクセルを開けていないと止まってしまう。
Trimが反映されているので、アイドリング時のAFRは自分の指定した数値になっているハズ。
なのにそこから更に薄い方へ補正が掛かってしまいました。
何でだろ?-35とか。。。
アイドリング時のAFRを変更したい場合は一度数値を入れて、反映させた後はゼロに戻した方が良いようです。


本当はギアポジションの設定をして各ギア毎にマップを作りたいのですが、何故かギアの認識をしてくれません。
スピードの設定は出来てるようですが、やり方が悪いのかな?
現在ここでつまづき中。。。


O2 Optimizer
Map2にしている場合はOptimizerは使わない方が良いようです。
あくまでもMap1用なそうです。Map2の良さが無くなる?(Apriliaな人からの話)
それと、前回O2センサー外したい!なんて書きましたが、外し方は存在するようです。
Axoneにシークレットコードなる物があるらしく、その数値を打ち込めばキャンセルできるようです。
その数値も教えていただきました。ただ、日本仕様で使えるかは不明なようです。
自分ので使えて問題無ければ、知りたい方にはお教えします。


それと、今日確認したところ配管の抜け、コネクタの挿し忘れはありませんでした。
チェックランプとEFIは消えません。
走ってる最中に点いて、直ぐ消える。街乗り程度では点かない?
O2センサー外してるのがいけないのかもしれません。(エキパイに刺さってない)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目

Author:三代目
MY09 RSV1000RアイスホワイトからRSV4RF MY18に乗り換えました。
バイク馬鹿です。
たまに行くサーキットを楽しんでいます♪

趣味はアルミ工作。

コメントメントいただけると大変嬉しいです!

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム