FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lap-Timerを取り付けよう!

サーキットに行き始めて、それ程タイムを狙った走りはしていませんが(出来ないとも言う)
やはりタイムがわかった方が色々面白いし役に立つ?と思うのでラップタイマー取り付けてみました。

購入はZiixのLap-Timerです!


ん?2個目じゃね???(笑)

今まではZiixのTime-Attackerを使っていたのですが、
磁気センサーの配線をテープでカウルの表面に止めていたら走行後に外れて居たので
「車体にセンサー固定するか?」となり、センサーだけ購入より思い切って!って事で購入しました。
毎回、現場に着いてからする作業も減るので、時間を有効に使えるかな?と。。。

で、問題のセンサーの取り付けにこんな物を作製。削り出しです!
P7051356.jpg
今回も人の物じゃないので、好い加減?仕様です。材質はAc7というアルミ鋳物。
鋳物だから曲げたら折れちゃうかも?と思いながら、曲げました!

ステー自体は色々と場所を探して、カウルのステーに留められるようにしました。
P7051358.jpg

センサー取り付け部は、センサーの寸法と同じように加工。
P7051357.jpg
ココに強力両面テープとタイラップで固定しました。

ちょっとわかりにくいですが、こんな感じ。
P7051360.jpg
カウル下の穴からセンサーが出るようになっています。(下方向の飛び出しは無し)

配線はこんな感じで取り回し。
P7051362.jpg
このままだとさすがにエキパイの輻射熱が怖いので、この後に上から断熱シートで保護しています。

肝心の本体は悩みに悩んでココに・・・
P7151363.jpg
アルミの板を切り出して、ステー作って取り付けました。ボルトは間に合わせ。。。
ただ、ココに付けてしまうのとハンドルを動かした時に、
配線が動いてしまうのでそのうち場所は変えるかもしれません。
配線の取り回しもあまりよくないのもいけないとは思いますが。

電源はボタン電池が使えるようですが、バックライトが使えるのでバッテリーから引きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目

Author:三代目
MY09 RSV1000RアイスホワイトからRSV4RF MY18に乗り換えました。
バイク馬鹿です。
たまに行くサーキットを楽しんでいます♪

趣味はアルミ工作。

コメントメントいただけると大変嬉しいです!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。