FC2ブログ

V4-MP その後・・・

RSV4RFにはこんな機能あるんだぜ~!って書いた記事ですが。
その後上手く使えていませんでした。



ラップタイムは測れるのに、肝心な「corner-by-corner electronic management」が使え無いのです!






で、この機能を筑波サーキットで使用できる様にした方にお伺いを立ててみました!
基本はサーキットのフィニッシュラインをマーク→実際に走るでOKだと思っていたのですが、
この走った時にデータが作られるので
このデータをイタリア本国のピアジオに送る!
というのを教えて頂きました。
知ら無かったよ・・・というか、ディーラーで「上手く機能しない」という事をメカの方に話をして
説明書を頂いたのですが、そこまで書いてないんですね~。
というか、多分アプリの説明に書いてあるでしょ!って事なんだとは思いますが。。。

とりあえず、登録しますよね。
P51118810.jpg
これは簡単です!名前入れて、地図上のフィニッシュラインをマークして登録。

ただ、このまま走ってもタイムは測れているのに自分の場合はデータが取れて居なかったんですね。
色々見てみたら設定の部分のRoggingがオフになって居ました。
初めて使った時は取れてた気がするんですけどね?何かやってて弄ったのかな?

そして走ると
P51118820.jpg
ログが取れます!
これはタイムを指定すれば比較したいタイムのデータを表示して比較で来ます。

走った履歴のデータとかも取れます。
P51118840.jpg
メーター読みで最高速は309Km/hの時で、GPS計測で293.7Km/hなようです。
誤差はやはり10Km/hちょっとありますね。

そしてこの部分の左下のファイルを開くと・・・
P51118850.jpg
この様な走行時のログファイルが出来て居ます。
これをメールの部分をタップしてメールでピアジオに送ります!
これで完成らしい。

ただし、相手がイタリア人なので直ぐにデータを作ってくれるのは期待し無い方が良いようです(笑)
筑波のデータで半年くらい掛かったそうです。。。まあ、気長に待ちましょう。


そして今シーズン2回目も行って来ましたが、
もっとアクセル開けろよ!って自分で突っ込みたくなります。。。
でも、速い人の後ろで少し勉強できたのは収穫ありか?
追いかけると引っ張られてスピード上がるんですね~。速度上がってミスってますが(笑)


車体の振れは早急に直さないとダメですね。

あ、今回サーキットで初めて膝が擦れましたよ!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目

Author:三代目
MY09 RSV1000RアイスホワイトからRSV4RF MY18に乗り換えました。
バイク馬鹿です。
たまに行くサーキットを楽しんでいます♪

趣味はアルミ工作。

コメントメントいただけると大変嬉しいです!

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム